rucDiary

Index > rucDiary My Yahoo!に追加 RSS


スポンサーサイト

 --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No. | --/--/--(--) --:--:-- | 固定リンク

カテゴリ:スポンサー広告

スッカリ忘れてた「続き」

 2014/04/29

前回、スーパーファミコンでの個人的名曲を紹介した際に、次はやはり思い入れのあるX1版を、なんて最後に書いたが、すっかりそのままになってしまった。リストは温めてたんだけど、もう一ヶ月近くほっぱらかしだったのね・・・。

スーパーレイドック ステータス画面(1:30~)

今見ればカクカクのスクロールだが、当時はスゲーと思ったT&Eソフトの縦型シューティング。ご紹介するのはプレイヤーの装備を選択したりロード・セーブしたりする、いわゆるメインメニューのような画面で流れるBGMだが、宇宙に臨む希望感を思わせるようなアップテンポが心地よく、ずーっと聴いていても飽きない。

グラディウス エクストラステージ(3:08~)

名作グラディウスのX1移植版は、アーケードやその他のプラットフォームと比べるとやや見劣りはするが、「エクストラステージ」という確かX1版とMSX版独自の「裏面」があった。ある条件を満たしてそのエクストラステージに突入すると聴けるまさに「限定モノ」。難易度が半端無く、しかも自機がやられてしまうと、表面に戻されてしまい、そのクレジットでは二度と再突入できない場所に飛ばされてしまう。そういった意味でもレア。

ゼリアード 地下の街(6:24~)

面倒臭がりのワタクシは、まともにRPGを最後までやったことがほとんど無い。そんなワタクシがおそらく初めて結構ちゃんとやったのがこれ。アクション要素があるから続いたというのもあるが、それぞれのダンジョン(○○洞と呼ばれる)の特徴が豊かで、それに似合うBGMも秀作が多かった。と書いておいてピックアップしたのはダンジョンのテーマ曲ではなく、休息したりアイテムを売り買いする集落に入ると流れるものの一つ。屋外の町村用の開放的BGMと違い、いかにもダンジョンの片隅にひっそりとある地下集落って感じの曲調で、戦いから帰ってきてホッと一息という雰囲気も感じられる。

THE MAN I LOVE エンディング(34:40~)

当時、いや今でも珍しいテキスト入力式のアドベンチャー。人に話しを聞くにもどこかの場所に行くにも、すべて簡単な英単語だったかカタカナで入れないといけない。シナリオは主人公の探偵が、無くなった依頼人の思い出の品を探しているうちに云々・・・という内容だが、既にカラーディスプレイ全盛の当時にあって、あえて全編モノトーンでハードボイルドさを演出してたのが思い出深い。↑の動画は残念ながらPC88用で音はFM音源だが、X1版はturbo専用(ハイレゾ専用)にも関わらずサウンドはPSGで雰囲気があった。ちなみにこのゲームはお約束の「えっこの人が!?」な展開が最後にあるのだが、飽きっぽい性格のワタクシは途中で依頼人に思い出の品を返してしまい、早々にこのエンディングを聴くことしか出来なかったというやや苦い思い出もあったりする(ラストがこうなっていたのはこの動画で初めて知ったw)。

ルクソール 3面(20:34~)

これもスーパーレイドックと同じく縦シュー(動画はPC88版だがX1版もあまり変わらない)。開発元の日本テレネットが作るFM音源サウンドって、2つの同じ音色・旋律をほんの少しディレイさせて擬似エコーみたいなことをしたりして、限られた音源で工夫をしていたようなイメージがある。3面のBGMは舞台のエジプトの風景とは似合わないブギウギ風。ただでさえ難易度が高めのこのゲームにおいて、目の前で敵と弾がさらに激しくなってきている場面でこの陽気な音楽というギャップが印象に残ったのかも。

正真正銘の8ビットコンピュータワールド。グラフィックスもメモリもCPUも、今から考えればかなり限られたなかで展開されたそれぞれの世界。前回も書いたが、プアなサウンドやグラフィックスがそのままゲームの質や楽しさに直結するだろうか?

今のゲームはあの頃では考えられないくらいの画像処理や音源を駆使しているが、それに必要な膨大な開発コストをかけて、目の肥えたユーザに目を向けてもらおうとしている。今はそんな固い土壌を破る資産が無いと、新しいゲームが芽吹くことができないという、何か「病」のようなものにかかってしまっているような、そんな気がする。
スポンサーサイト

No.885 | 2014/04/29(火) 15:28:16 | 固定リンク

カテゴリ:コンピュータ/インターネット | トラックバック:0 | コメント:0

音ゲー、ならぬ、ゲー音。

 2014/03/12

テレビゲーム(という言い方自体がもう古い)における、音の役割は大きい。最近はハードの高性能化もあり、かなりリアルな音を聴く事が出来るが、一方ゲームならではの「ピコピコ」サウンドはすっかり過去のものとなった。グラフィックスもそうだが、超リアルなのはそれはそれですばらしいし、スゴイと思うが、質素な8ビットのドットグラフィックスと同時3音のサウンドの頃の方が、プレイヤーの想像を膨らませていたような気がする。これは、小説とそれを映像化した映画の関係でも、似たようなものかもしれない。

前置きはこのくらいにして、むか~しお世話になったゲームの中で、今一度聴いてみたい「個人的に名曲」と思うものを探してみた。探せば出てくるもので(全部ニコ動だけど)、きっと似たような世代が似たような思いでアップして、そして観ているのだろう。

個人的に任天堂のSFC(スーパーファミコン)が最初に手に入れた家庭用ゲーム機だったので、SFC縛りになっておりますが、その点ご容赦を・・・。

SUPER R-TYPE コンティニュー(23:00~)

確かアーケード版のコンティニュー画面でも同じ曲が使われていて、10カウントしか待ってくれないのだが、こちらは操作するまでエンドレスなので続きがある。これ、数分程度の無限ループだと思いきや、実はちゃんと曲の終わりがあって、実機でコンティニューのまま相当放置していたときに、一度だけ聞いたことがある。約16分の大曲。

ハイパーゾーン 最終ステージ(13:33~)

ゲーム自体はF-ZEROやマリオカートの飛行機版みたいな感じだが、作ったのがカービィシリーズのHAL研究所ということもあり、各ステージとも名曲。最終ステージはいわゆるボスラッシュで、異次元空間という設定。それをイメージした背景とこの曲によって、何か近未来的な雰囲気を感じたものだった。

スーパーマリオRPG ブッキータワー

このゲームも名曲揃い。おそらく一番人気は「ハナチャンの森」あたりだと思うが、こちらの曲は、なんというか、70年代のムード歌謡のような、そんな懐かしさを感じてしまう。

ダライアスTWIN ハイパーグレートシング(16:40~)

すばらしいサウンドチームを抱えている(いた)ところの作品は、上に挙げたものも含めて、人気が高い曲が多い。巨大クジラのボスの時にかかる曲で、「一気にやっちまえ!」というノリではなく、何かやりきれないような曲調が妙に残る。「本当は戦いたくは無かった」みたいな。勝手な想像ですが。

超魔界村 5面(17:30~)

いかにも寒い、という感じが出ている曲。このゲームは重厚な曲が揃っていて、やはり1つ選ぶのを迷ってしまう。海・船がメインの2面(5:15~)も冒険の先行きの不安さみたいなものが出ていてよい。

そうそう、最初の家庭用ゲーム機がSFCなら、さらに遡って最初に手に入れたパソコンはシャープのX1turboだった。と、いうことで今度はX1版を探してみることにしよう(ユーザの絶対数が減ってもっと大変そうだけど・・・)。

No.880 | 2014/03/12(水) 18:05:43 | 固定リンク

カテゴリ:コンピュータ/インターネット | トラックバック:0 | コメント:0

忘れた頃にやってくる「こんなもん当たりました」

 2013/12/02

今日一通の封筒が届いていた。差出人はマイクロソフト。
何かが当たったとピンと来たが、それにしては薄い。紙一枚くらいしか入ってなさそうな薄さだ。

封を開けてみたら、予想通りの当選のお知らせ。
20131202-1.jpg
当たったのはマイクロソフトのタブレットSurfaceの背面に貼るステッカーだった。どおりで薄いわけだ。

せっかくいただいたので、早速貼ってみました。
20131202-2.jpg

スタンドを開いた状態。
20131202-3.jpg

う~ん、いざ貼って見ると、模様が微妙だなあ(苦笑)。これ自分で選んでいるはずなんだけど。
でももう貼っちゃったので後戻りできず。転売することも想定していないので、まあこれでいいか。外にもあまり持ち出さないしね。←それタブレットとしてどうなのよ(爆)

No.872 | 2013/12/02(月) 22:57:53 | 固定リンク

カテゴリ:コンピュータ/インターネット | トラックバック:0 | コメント:2

Googleやめました

 2013/04/10

最近になって、いろんなデバイスからYouTbueやGmailにアクセスするたびに、それを不正アクセスにされて、アカウントがブロックされてしまうことが多発していた。



今日もやってきまして。
日時やIPを見れば、自分がアクセスしたのは一目瞭然。元に戻したいのだが、都度パスワードを変えていては手が回らない。同じパスワードでブロックを解除できる方法もあるにはあるけど、それをいちいち調べるのも面倒。

と、いうことで。

Googleアカウント削除しました(笑)。ザックリと。

スケジュールもアドレス帳も預けていないし、Androidスマホ持ちではないのでアプリも無い。消されるものといったら、YouTubeのプレイリストと自分がアップした2つ3つの動画くらい。あとはメアドを登録しているいくつかのサイトで変更手続をすれば、キレイサッパリなくなっても問題ないのだ。

よし、これで面倒な手続きから開放される。
でも、このくらいの頻度で本来はパスワードを変えないといけない、というグーグル先生のありがたい教えだったのかもなあ。

No.849 | 2013/04/10(水) 19:56:51 | 固定リンク

カテゴリ:コンピュータ/インターネット | トラックバック:0 | コメント:4

結局元に戻る

 2012/10/21

2年半くらい前に、YouTube等にアップされている動画をダウンロードする手段として、KeepVidというサイトが有料ダウンロード版になってしまい、代わりに国産のブラウザ型のCraving Explorerというものが無償で使える、なんて事を書き、以後ずっとそのCraving Explorerを使ってきた。

YouTubeというヤツは頻繁にそのダウンロードするために必要なAPIというか仕様を変えるらしく、その度にダウンロードができなくなったが、すぐに開発元が対応して無償バージョンアップして対応するし、ニコニコ動画も対応しているので、大変重宝していた。

ところがご存知の通り、今月より改正著作権法が施行され、違法ダウンロードの罰則規定が設けられたことを受けてか、今後のバージョンアップではこのダウンロード機能を設けない方針が発表された。要するに新しいバージョンでは、動画を閲覧するただのブラウザにする、というものである。

違法ダウンロードをして罰せられるのはエンドユーザーではあるが、機能を提供することがその幇助にあたる、という可能性を危惧して、国内では軒並み動画ダウンロードのサイトやアプリケーションがその手を引っ込み始めた。

まあ、仕方が無いといえば、仕方が無いかと。
で、じゃあ、これからどうするか。

上記の通り、乗り換え先として国産はあまり望めない。代替を探していたら、有料化されたはずのKeepVidの名前を見つけ、ダメモトでアクセスしたら、あれ?また無償のダウンロードサービスを始めている模様。
ライセンス購入が必要なパッケージ版は残っているものの、トップページにURLを入れると、何種類かのリンク(解像度や動画の種類がいくつか提供される)が現れ、ここから以前のようにダウンロードできるようになった。トップページにはブックマークレットのリンクもあるので、YouTubeのお望みの動画にアクセス後、ブックマークレットを使えば簡単に利用できる。

まあ、またいつまで使えるのか?っつーのはあるのだけれども。しばらくはこれで繋ぎになりますな。
ただし、日本語のタイトルに対応しておらず、自分で手直ししないといけないので、YouTubeがまた仕様変更するまでは、ニコニコ動画にも対応しているCraving Explorerの現行バージョンはまだ現役で使えそうだ。

No.822 | 2012/10/21(日) 17:46:05 | 固定リンク

カテゴリ:コンピュータ/インターネット | トラックバック:0 | コメント:4

貴方のスマホ画面がソーラーパネルに??

 2012/10/15

Android.Sumzand の最新の亜種、「サンチャージ」による大量スパム攻撃が継続中(シマンテック)

スマートフォンユーザがずいぶん増えたなと感じる。電車の中でも、旧来の携帯電話とにらめっこしている人の方が少数派になったような気もする。PC並みに高機能になった分、PC並みのセキュリティ対策も必要なのだが、それだけ急激に増えたということは、何が何だかよくわからないけど、とりあえず使っている、という人々もそれなりにいると思われ、やはりそのあたりを狙う悪い輩も出てくるわけで。

起動してスマホの画面を太陽に向けるだけで充電できるAndroidアプリ「サンチャージ」という偽アプリがあって、これを鵜呑みにしてダウンロードして起動すると、「非対応機種」とつれないボックスが出て終了、しかしその時点でスマホ内の連絡先を全て吸い上げられ、またスパムとして利用されてしまうそうだ。

いくらなんでも、スマホの画面が充電用のパネルになるなんて、誰が信じるんだと思われるかもしれないが、右も左もわからないうちに、キャリアに躍らされてあれよあれよとスマホに切り替えてしまったユーザが、はしゃいで使った挙句バッテリーの減り具合に閉口し、よくわからないうちにこんなアプリに飛びついた、なんて事なのか、それなりに猛威を振るっていたようだ。

まあ、太陽光パネルの代りになるような魅力的なディスプレイを組み込んでいたら、そのスマホを製造したメーカーが真っ先にその機能を宣伝するでしょーよ、ねぇ。

Androidアプリはそのダウンロード時に、必要な権限をユーザに聞いてくる。無意識・無条件にその権限を許可するのは大変危険で、必ずチェックすることをお勧めする。単なるゲームやあるいは今回の例のような充電アプリなのに、「連絡先の読み取り」とかを要求してくる時点で怪しいと思うべし。またバージョンアップの際に追加の権限を求めてくるケースもあったように記憶しているので(今はAndroidスマホを持っていないのであくまで記憶)、とにかくこのあたりが面倒なら、セキュリティソフトを入れて、アプリはキャリア公認のサイトなどからしか拾わない、というくらいの対応は必要かと思う。

ただし「右も左もわからない」ユーザにこのあたりをわかってもらうのが、これまた一苦労でして。親がいつ「そろそろスマホに」なんて言い出すか、ちょっとガクブルです(苦笑)。

No.821 | 2012/10/15(月) 22:24:06 | 固定リンク

カテゴリ:コンピュータ/インターネット | トラックバック:0 | コメント:0

今のうちに

 2012/06/30

7月9日からネットが使えない“ブラックアウト”に--30万台以上がいまだ感染
http://japan.zdnet.com/security/analysis/35018512/

"DNSChanger"というマルウェア(要するに悪さするプログラム)に感染すると、DNS設定が不正なサーバのアドレスに書き換えられてしまう。その「不正な」サーバは既に押収されていて、感染したコンピュータの駆除の猶予のために、正常な状態で運用されているのだそうだ。つまりまだ感染に気づいていない人は、フツーにその元不正DNSサーバを経由して、今でもインターネットにアクセスできるわけ。

ところがこのサーバ群の運用が、来る7月9日で終了する。と、いうことで、気づいていない人は7月9日以降突然、インターネットにアクセス出来なくなるかも知れない。

まあ、自分は大丈夫ッスよ、と思ってスルーするなかれ。今でも、つまりあと一週間ちょっとで停止するそのDNSサーバには、まだ30万台も参照してくるとのこと。

正しいDNSサーバを経由しているかどうかは、JPCERT/CCがDNS Changerマルウエア感染確認サイトを開設しているので、そこにアクセスして、緑の二重丸がでればオッケー。

もし×印が出た場合は、そのページに書いてある対策を施すこと。ただしもちろん、7月9日になったら、このサイトすらアクセスできないので今のうちに。

まあ、でも最悪その状態で、7月9日を迎えてインターネットアクセスが全滅しても、ウィルス対策ソフトやOSのパッチレベルを最新にして、マルウェアを駆除してあげれば、またインターネットにアクセスできるようになるから、そんなにバタバタしなくてもね。最新のパッチやパターンファイルは、その時になってもインターネットから簡単に入手できるし、ってあれ?(笑)

No.800 | 2012/06/30(土) 11:52:42 | 固定リンク

カテゴリ:コンピュータ/インターネット | トラックバック:0 | コメント:4

レビューだぜぇ

 2012/05/18

もしiPhoneをお持ちの方は、ちょっと覗いてみて。

スギちゃんのワイルド電卓



自分も買っていないのに買えとは言わない(くれぐれもうっかり購入しないように・・・)。つか、有料にするにはもったいないくらいの残念なアプリの予感。でもね、注目すべきはこのアプリに付いたレビュー。面白すぎ(笑)。

最初ナンデこんなアプリに星が4つ半もついているのか?と思ったが、これはきっとレビューの面白さに対する星に違いない。

No.793 | 2012/05/18(金) 23:36:55 | 固定リンク

カテゴリ:コンピュータ/インターネット | トラックバック:0 | コメント:4

iTunesが固まったら

 2011/12/18

ある日突然、ウチのWindows 7(64bit)で動いていたiTunes(今は10.5.2)が立ち上がらなくなった。ウィンドウの枠は出るがそこからまったく先に進まない。これじゃiPodと同期もできないじゃないかーっ、と一週間程試行錯誤し、とりあえずなんとかなりました(笑)。同様にハマッている方もいるようなので、自分なりの対策方法をご紹介する。

ちなみに、あとでわかったのだが、こういう症状が出たのは、iCloudコントロールパネルを1.0.1にアップデートしてから。つまりその時に一緒に入ったヤツが悪さをしていることになる。

結論から書くと、犯人はApple Pushという輩でして、タスクマネージャではAPSDaemon.exeと表記される。コイツが止まってしまうため、iTunesやiCloudコントロールパネルは引きづられてフリーズしてしまうらしい。上記のフォーラムでもこれをタスクマネージャで切ればフリーズは解除できるという回答はあるが、もうちょっと面倒くさくない方法を。

対策その1:
Program Filesディレクトリ(Windows 7 64bitなら"Program Files (x86)")の、Common Files\Apple\Apple Application Support\APSDaemon.exeのプロパティを開き、互換性タブの「管理者としてこのプログラムを実行する」をチェックする。こうするとこのプログラムがすんなりと正常終了するようになり、結果iTunesなどが固まらなくなる。

でも、Appleが提供したモジュールに管理者権限を渡すのはどうも気持ち悪い。というご意見はごもっとも。ということでもう一つ。

対策その2:
iCloud 1.0.1で更新されたAPDaemon.exeを古いバージョンに戻す。同じくCommon Files\Apple\Apple Application Supportにある、以下の2つのファイルのプロパティを開き、以前のバージョンタブから、11/1より前のバージョン(がもしあれば)をどこかにコピーして、それを再度Apple Application Supportディレクトリに上書きする。
・APSDaemon.exe
・APSDaemon_main.dll
ウチの環境では現状が2011/11/1の2.1.14.3、1つ前は2011/9/27の2.1.10.1なので、2.1.10.1のバージョンに2ファイルを上書きして、PCを再起動。以後ややもたつくものの、きちんと立ち上がる模様。

しかし、Appleはこれを直す気があるのだろうか。それとも変なことを企んでいるのか。天国のジョブスよ、変な置き土産をありがとう。

No.764 | 2011/12/18(日) 16:52:03 | 固定リンク

カテゴリ:コンピュータ/インターネット | トラックバック:0 | コメント:8

Excelのここがイヤ

 2011/10/15

まだ仕事中。

ていうか、あと5時間くらい仕事なんです(汗)。

さて、そうやって仕事していると、一覧表やスケジュールなんてのはよく作ることになる。ここで登場するのは、マイクロソフトオフィスのExcelなのは言うまでもない。最近はOpenOfficeなども出てきてはいるけれど、やはりスタンダードの位置はまだ揺ぎ無いものと言える。

それだけに、十分にこなれているはずのソフトウェアであるはずなのだが、やはりいくつかは「あー、もうっ」と思ってしまうポイントがある。今まで列挙しようと思ったことなんか無かったけど、ちょっと待ち時間ができたので(笑)、あらためて考えてみる。

1.印刷するとセル内の文字が途中で切れてしまう。

いちおうIT系なので、プリンタというものがいかに思うようにいかなくて、システム導入や運用においてハマリポイントであるかはよーく存じ上げている。印刷結果となるべく同じように画面に出してはいるものの、機種毎のクセも多いデバイス相手では完全再現は難しい。

それにしても、少しは改善されないものなのだろうか。印刷プレビューの時点で既に切れてしまうのがわかっているのなら、うまくやって欲しいんだけどなあ。

2.勝手に候補を表示する

例えば住所録を作るようなケースで、「東京都○○区××町」「東京都△△市□□」・・・とセルに入力するケースを想像してもらいたい。最初の「東京都○○区・・・」を入れ終わった後、次の行のセルで「東京都」と入れると、その後に「○○区××町」と補完してくれる機能がある。いや、"してくれる"ではなく"頼んでもいないのにしやがる"の場合が多い。本当は「△△市」と入れたいので、一回バックスペースを押して、補完候補を消して、あらためて入力することになる。元々効率化のための機能だと思うが、逆に効率を阻害している感じがしてならない。

3.シートごとの印刷設定

Excelはシートをいくつかにまとめてブックというファイルにまとめられる。セールス実績を月別にシートをまとめたり、なんてのがよくある例である。これらをまとめて印刷するケースもよくあって、だいたい設定や紙のサイズは同じにすることが多いし、ページ数が多ければ両面印刷にすることもある。ところがこの印刷の設定はシート毎に分かれていて、最初のシートでサイズや両面の有無、白黒かカラーかを設定してブック全体を印刷しても、2枚目のシートには反映されない。一番困るのは全部まとめて両面にしたい時で、一度片面で全部出してから、コピー機で両面印刷にする、なんて面倒なことをすることもある。もちろんシート毎に設定を変えたいケースもあるのだけれど、「他のシートもぜーんぶこの設定」ボタンとかそういうのは実装できないのだろうか。

4.罫線が切れたり残ったり

表を作る以上、罫線で囲うことはよくある。で、セルや行、列をコピーして表を作りこむこともよくある。このコピーによって、セルの属性つまり罫線もついてくるわけだが、いまいちしっくりこない。上のセルの下の罫線なのか、下のセルの上の罫線なのか、そもそもそういう区別なんて無いのかわからないが、コピー先に罫線がついてきたりついてこなかったり。結果枠が途中で切れていたり、変なところに罫線が残っていたりすることがある。印刷してから気付いてやり直しなんてことも多い気がする。

今は当たり前だが、出力結果そのものを画面に表示するインターフェイスは「WYSIWYG」(What You See Is What You Get)と呼ばれて、むかーしのワープロでは実現すらされていなかったものである。でも確かに今のアプリケーションの多くはこの「WYSIWYG」に則っているのだが、結局印刷してみて「あれ?」ということもしばしば。特にこのExcelという奴は、結構無駄紙量産ソフトの前頭筆頭クラス(?)である。

いろいろ書いたが、実は設定で変えられるのをオマエが知らないだけだこの田舎者、とか、最新のバージョンではそのあたりちゃんと対応しているぞ、とかきっとあるのかも知れないけど、こうやって今の今までクリアにできずに我慢して使っているヤツって、他にもいる・・・よね?(笑)

No.751 | 2011/10/15(土) 00:18:02 | 固定リンク

カテゴリ:コンピュータ/インターネット | トラックバック:0 | コメント:3

ホーム | 次ページ>>

今日の死語(・ェ・)

死語ブログパーツ

記事検索

検索エンジンから来て、お目当ての記事ではなかったら、もう一度ここにキーワードを入れて検索してみてください。お手数おかけします(^^ヾ

カレンダー

<< 2017/08 >>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリ

最近のコメント

最近のトラックバック

頂いたトラックバックは内容を確認させていただいてからの掲載となりますので、ちょっとお時間を頂戴しております。

月別アーカイブ

2014/07 (2)
2014/06 (1)
2014/05 (1)
2014/04 (3)
2014/03 (2)
2014/02 (2)
2014/01 (3)
2013/12 (3)
2013/11 (2)
2013/10 (1)
2013/09 (2)
2013/08 (3)
2013/07 (4)
2013/06 (5)
2013/05 (4)
2013/04 (3)
2013/03 (4)
2013/02 (5)
2013/01 (6)
2012/12 (4)
2012/11 (4)
2012/10 (6)
2012/09 (5)
2012/08 (6)
2012/07 (6)
2012/06 (5)
2012/05 (6)
2012/04 (7)
2012/03 (6)
2012/02 (4)
2012/01 (6)
2011/12 (6)
2011/11 (6)
2011/10 (7)
2011/09 (7)
2011/08 (5)
2011/07 (7)
2011/06 (6)
2011/05 (5)
2011/04 (8)
2011/03 (7)
2011/02 (6)
2011/01 (6)
2010/12 (8)
2010/11 (6)
2010/10 (6)
2010/09 (7)
2010/08 (7)
2010/07 (9)
2010/06 (10)
2010/05 (7)
2010/04 (10)
2010/03 (9)
2010/02 (6)
2010/01 (9)
2009/12 (7)
2009/11 (10)
2009/10 (9)
2009/09 (12)
2009/08 (11)
2009/07 (9)
2009/06 (5)
2009/05 (8)
2009/04 (7)
2009/03 (8)
2009/02 (8)
2009/01 (7)
2008/12 (8)
2008/11 (8)
2008/10 (14)
2008/09 (10)
2008/08 (9)
2008/07 (11)
2008/06 (12)
2008/05 (13)
2008/04 (13)
2008/03 (14)
2008/02 (10)
2008/01 (15)
2007/12 (9)
2007/11 (11)
2007/10 (12)
2007/09 (12)
2007/08 (16)
2007/07 (15)
2007/06 (12)
2007/05 (18)
2007/04 (10)
2007/03 (15)
2007/02 (17)
2007/01 (16)
2006/12 (11)
2006/11 (9)
2006/10 (9)
2006/09 (7)
2006/08 (8)
2006/07 (8)
2006/06 (13)
2006/05 (11)
2006/04 (13)
2006/03 (13)
2006/02 (11)
2006/01 (12)
2005/12 (20)
2005/11 (1)

お天気チェーック

ゲームふっかーつ

どちらからおいでで?


ジオターゲティング

提携先バナー

記事中のアフィリエイト・リンクにはこんな色がついています。詳細...

HMV
HMVジャパン CD/DVD/Game/グッズ/書籍等

LinkShare
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

Powered by FC2

無料サービスの利用は、まずはスポンサーのヨイショから(爆)

アフィリエイト・SEO対策

ブログ

フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。