rucDiary

Index > rucDiary My Yahoo!に追加 RSS


スポンサーサイト

 --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No. | --/--/--(--) --:--:-- | 固定リンク

カテゴリ:スポンサー広告

亀戸線をライトレールにしたら?の巻

 2013/05/12

東武亀戸線にスカイツリー1周年記念仕様列車-スタンプラリーも
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130509-00000066-minkei-l13

スカイツリー1周年の企画ではあるが、スカイツリーの最寄駅である「とうきょうスカイツリー駅」は亀戸線は通っておらず、お隣の「曳舟駅」が起点である。つまりスカイツリーついでにスタンプラリーに参加しようとなると、1駅乗って、そこで乗り換えが必要だ。

これも降りたら反対側に停まっているという便利な駅構造ではなく、階段を降りて上がって、亀戸線のホームに渡らないといけない。しかもこの連絡があまりよろしくない。休日日中は浅草口や半蔵門線直通はだいたい10分間隔、亀戸線も10分間隔だが、乗ってきた方面によっては微妙に待たされる。

そんな正直あまりスカイツリーと関係の無いように見える、亀戸線になぜこのような企画の白羽の矢が立ったのか。スカイツリー開業後沢山の見物客は来るものの、期待したほどの周辺へのいい意味での影響が出ていない、と聞いたことがあるが、今回の企画はこのスカイツリーの動員客に、周辺のいわゆる東京下町界隈を認知してもらい、活性化しようという狙いなのかもしれない。

亀戸線への乗り継ぎがイマイチな点が足を引っぱらなければと思うが、成功するといいですな。

亀戸線自体はその沿線も運行も含めて、「下町散策」的な用途には適している。2両編成でワンマン運転の普通電車が、終日起終点含め5駅の間を行ったり来たり。まさに東京のローカル線といった感じだ。2両で本線系統への直通も無いので、東武はあまり力を入れていないようにも見えるが、廃線にする話は聞かず、それなりに需要もある。

でももし、もっと活性化して、東武にとって、もっと親孝行(笑)な路線にしたいのなら、いっそライトレール化してしまうのはどうだろうか。元々本線への直通もしておらず、曳舟での乗り換えの利便性もあまり変わらない。路盤は既に全線複線で何もいじる必要は無い。現行駅のホーム高さを下げるとカネが掛かるのでそのままにしておいて、少しずらした位置に新たに停車場を設け、さらに中間駅を少し追加して使いやすく。頻度も7.5分ヘッドくらいにもうチョット増やして、ダイヤで接続を考慮しなくても待たなくて済むようにする。運賃もこれだけ均一制にして車内精算にすれば、駅施設はかなり簡略化できる。現行の年季の入った2両編成電車に比べれば、超低床車は消費電力の面でもメリットがあるだろう。

亀戸からさらに既存の貨物線に乗り入れて云々、なんて構想もあるようだが、そこまで風呂敷を広げてしまうと、先行投資や採算といった面でなかなか先に進まない面もある。であれば今の区間のままスモールスタート(いやスモールかどうかわからないけど)でやってみて、あとはうまく行ったらその先を考えればいい。

それに何よりも、下町の景色に路面電車風の車両は良く似合うと思う。都電荒川線や東急世田谷線のように街に溶け込んだチンチン電車のような雰囲気で、しかもそれらより下町っぽいところを走るのだから。近傍にそびえ立つスカイツリーを入れて走行風景を一枚、なんて粋だと思うんですがね。
スポンサーサイト

No.853 | 2013/05/12(日) 15:59:05 | 固定リンク

カテゴリ:テツネタ | トラックバック:0 | コメント:0

タッチ&ゴーの盲点

 2013/05/07

先日、ちょっと遠出の帰りのこと。

秩父鉄道で寄居で降りて、東武に乗り換えるつもりで改札へ。秩父鉄道はPASMO/Suica未対応なので、乗車駅で買ったきっぷを駅員に渡し、再び改札のSuica簡易リーダーにタッチ。このリーダーは同じく寄居駅に乗り入れているJRのものなので、本来は東武線のりばの途中にあるリーダーに『もう一度』タッチする必要があるのだが(駅にも口酸っぱく書かれている)、その場の駅員曰く、「発車時間がせまっているのでタッチしないで降りる駅で精算してください」とのこと。

タッチぐらい数秒なのに・・・と思いつつ、駅員に従って東武線のホームへ。降車駅ではその駅員の「降りる駅で精算」という言葉通り、自動改札を通さずに駅員さんに事情を説明してSuicaを手渡した。

そこの駅員さんはSuicaの内容を確認して一言。「お客さん、もしこれで自動改札通っていたら、中野経由でとんでもない運賃請求されていましたよ!」。ええ、だからこうやって有人改札に来たわけですが。

でも同じようにわざわざ駅員に確認する客が、あの時の寄居駅にどの位いたんだろう?
もしかしたら多くの人がそのまま、自動改札を通って「ピピッ」と通っているのかもしれない。「降りる駅で精算して」という言葉をどの位の人がどの位ちゃんと聞いていたか。

乗換駅の記録が無ければ「ピンポーン♪」と鳴ってゲートが閉まってくれればいいのだが、このケースは普通に通れてしまう。しかも相当大回りの過大請求になるおそれがあるのだ。

寄居で最初にタッチしたのは「JR八高線寄居駅」の記録なので、そこから八高線に乗って、一度も改札を通らずに、東上線の駅で降りる経路が計算される。JRと東武東上線で改札が無いのは寄居・越生・小川町くらいだが、この区間内なら差額はたかが知れている。ポイントは降りる駅の駅員さんが言った「中野経由」。ここから推理すると、多分中野から東京メトロに乗り換えて、再び和光市で東上線に乗り換えるような経路が選ばれるのではないか。改札を通らずに中野(東西線)から和光市(有楽町・副都心線)を通るルートとなると、多分九段下と永田町で乗り換えることになると思うので、

寄居=JR八高線=八王子(or立川?)=JR中央線=中野=メトロ東西線=九段下=メトロ半蔵門線=永田町=メトロ有楽町線=和光市=東武東上線=・・・

な運賃が、「ピピッ」で持っていかれてしまうおそれがある。本来なら東上線だけの運賃で済む区間が、だ。

寄居の駅員め、さてはグルだな~、と思ったが、寄居駅でタッチさせなかった係員(おそらく臨時で配置された東武の職員)のメリットは実は無い。寄居から乗ってもらった運賃計算の方が、東武としては「儲かる」からだ。

というわけで、寄居の係員にはおそらく悪気は無かったと思われるが、フツーでは考えられない経路が出たら自動改札を閉じる、みたいな対策も必要なんじゃないかと思った次第。それともこの手の「臨時収入」はそっとしておこうぜ各社さん、みたいな隠密の申し合わせでもあるのかな(笑)。いずれにしても消費者側は自己防衛を。心配なら都度きっぷを買うことですな。

No.852 | 2013/05/07(火) 00:10:00 | 固定リンク

カテゴリ:テツネタ | トラックバック:0 | コメント:0

それって同じじゃね?

 2013/02/03

先日所用で都営新宿線に乗った時のこと。駅の時刻表を確認したら、種別の説明のところで「おや?」と思った。


都営新宿線は本八幡~新宿間の地下鉄路線で、新宿からは京王線に乗り入れている。種別は各駅停車のほかに、急行と快速・通勤快速があるが、快速・通勤快速は都営新宿線内は各駅に停車する(路線図はこちら)。

と、いうことになると、フシギなのがこの画像で赤い線を引いた箇所。

☆:各駅停車 (京王線内快速)
青:快速 (地下鉄線内各駅停車)


「☆」のついた列車は、京王線との境である新宿まで各駅停車だが、新宿から快速になる、ということ。
「青字」は全区間快速だが、快速はもともと境である新宿までは各駅に停まる。

同じじゃん!

きっと、おそらく、たぶん、わざわざ分ける理由が内々にはあるのかもしれない。例えば快速は通過待ちしないという原則があって、だから急行に抜かれる列車は新宿まで各駅停車にしてある、とか。でも乗るエンドユーザの立場からすれば、同じ停まり方をするものを別々に書かれると、どこがちがうのか悩んでしまって混乱を招くだけ、と思うんですがねぇ。

そういえば、京急にも三崎口発久里浜行きの各駅に停まる快特ってあったなあ。あれと似たようなものか。

No.839 | 2013/02/03(日) 17:28:54 | 固定リンク

カテゴリ:テツネタ | トラックバック:0 | コメント:2

トレードオフ

 2012/11/19

都営地下鉄で携帯利用可能なエリアが拡大 年内にほぼ全域で
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1211/19/news038.html

トンネルの中では電波は届かない、なんてことはまもなく昔話になる。個人的には地下鉄の駅から駅への移動中は、通信できないのでしばしスマホの画面から目を離して、広告を見たり思いにふけったり、そんな休符のような時間でもあって悪くないなと思っていたが、やはり世の中のその他大勢はさにあらず、常に画面とにらめっこして、常に繋がっていたい需要の方が大きいのだろう。

このようにサービスを向上させるのは、公共交通では大事なことだが、一方で逆の効果もある。ほぼずっと自分の画面を見ている以上、車内の広告に目をやる時間は以前に比べ格段に減っている。車窓が真っ暗な地下鉄は、本来その広告効果が絶大で、それなりに広告料も地上より高く、優良な収入源になっていたはずなのだが、乗客のサービスを向上させた結果、その広告価値を落としてしまう結果になってしまった。

もっとも中吊りの週刊誌の記事を読むよりも、手元のスマホでニュースをチェックした方が、即時性も高いし自分で選べるしで、こんな地下鉄車内の世界でも、紙のメディアの市民権は脅かされているということなのかもしれない。

No.826 | 2012/11/19(月) 22:25:59 | 固定リンク

カテゴリ:テツネタ | トラックバック:0 | コメント:0

野田線下克上

 2012/11/12

東武野田線新車投入に沿線住民感涙
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/jikenbo_detail/?id=20121112-00026767-r25

東武野田線なんて、年末に大宮場外に行くときに、大宮から大宮公園までたった2駅乗るくらいなのだが、総延長は大宮から春日部、柏を経て船橋へ至る60kmを超える路線。しかしここには普通電車しか走っておらず、また一部はまだ単線、しかも走っている電車はどちらかと言うと東武の他の幹線のお古が流れてくるという、まぁあまり扱いのよろしくないイメージの路線である。

もっともここに「お古」が溜まるのは、最近の省エネ電車ではおやくそくの、ブレーキを掛けたときに発生した電力を架線に戻して他の走っている電車に使ってもらう電力回生ブレーキが、野田線の変電所の事情で対応できないので、新しい電車(10000系以降)が入線できないというもっともらしい理由があるからだ(ただこれも正式なものは無く都市伝説の可能性もあるらしい)。このため野田線はボクと同い年くらいの(笑)8000系の独壇場になっている。

永らくそのような状況であった野田線に、まさかのいきなり新車投入。しかも新形式(60000系)ときたもんだ(さらに東武初の無線LANも付くらしいぞ!)。

新型車両のキャッチフレーズはだいたい「環境・人にやさしい」というものが多い。今回の新型電車も電力使用量40%減とあるが、電力使用量を抑えるためには、電動車比率を下げる(ために粘着性能を上げる)・車体の軽量化・回生制動といったあたりが主要素になると思われる。もし先の変電所の事情が真実ならば、本線や東上線系統にまずは新車を投入し、押し出された形の回生ブレーキを装備していない旧形式の中から、状態のいいものを転属させるのが筋というものだが、今回はその流れを変えたものとして興味深い。

ちなみにこの60000系に関しては、現状回生ブレーキを装備しているかどうかは書かれていないので、変電所の件が真か偽か不明なのだが、想像するに野田線と同じ6両編成の、他路線の8000系も置き換えるための後継なのかな、と思ってみたりする。野田線だけのために新系列を開発したとは正直考えにくいし、本線や東上線にもまだ8000系は残っている。ゆくゆくはこれらも60000系で置き換えるのではないか、と。

そう考えると10連の大型輸送メインの50000系に対して、2・4・6連といった細かい構成で従来の8000系を置き換え、浅草口の区間輸送に充当され、末端ローカル区間用のワンマンも実は準備工事してあって、回生ブレーキも線区によって切ることもできる役回りを実は担っている、なんて妄想もできるというものだ。でも、先頭前面は中央に貫通扉が無いから、連結しても今までみたいに通り抜けはできないけど、別に通れなくても(地上運用なら)いいもんねえ。あれ密室になることをいいことに、変に「たまり場」になるし(汗)。

No.825 | 2012/11/12(月) 23:27:52 | 固定リンク

カテゴリ:テツネタ | トラックバック:0 | コメント:2

たまたま知ったメンテナンスの話

 2012/10/10

首都圏の交通系ICカードですっかりおなじみの、SuicaとPASMOが来る11/10~11のほぼ同時刻にシステムメンテナンスをするらしい。

システムメンテナンスに伴うICカード乗車券サービスの一部停止について(JR東日本)

システム切替に伴うICカード乗車券サービスの一部停止について(パスモ)[PDF]

どちらも10日(土)の18時からで、終了時間はSuicaが翌5時まで、PASMOは終電車までと翌11日(日)終日。この間利用できないサービスにも違いがあるが、どちらも通常の入出場やチャージ、電子マネーの利用は問題無い模様。なので、フツーに使う分には心配無いようだ。

メンテナンス中にできないのは、紛失・再発行手続や払戻しの類。またSuicaでは定期券の購入もできない。

え?そうなの?

実はワタクシ、通勤定期が11月15日に切れるので、その直前の週末に継続で買おうと思っていたんだけど、おもいっきしこのメンテナンスと被っているではないか。

内容を見る限り、土曜の18時までと日曜の5時からは大丈夫っぽいが、覚えておかねば。

ちなみにこれ、たまたま全く別の理由でアクセスした、京急のページのお知らせで知った次第。でなけりゃ気づかなかった。定期を更新することが無ければスルーして問題ないコトだと思うんだけど、あと約一ヶ月あるとはいえ、もうちょっと周知(車内の中吊りを使うとか)した方がよろしいんじゃないですかね?

No.820 | 2012/10/10(水) 23:25:42 | 固定リンク

カテゴリ:テツネタ | トラックバック:0 | コメント:0

えっと、これ何線でしたっけ?

 2012/09/01

よその鉄道会社(ちなみに東武)にラッピング広告を載せる京急って、ちょっと斬新かも。


まあ、この沿線の人達に、羽田行くなら(浜松町じゃなくて品川から)京急でね、という宣伝だから、別に競合しているわけではないんだけれども。この広告を東京モノレールに貼りつけたりすると、なかなかえげつないものがあって面白いんですが(笑)。

No.813 | 2012/09/01(土) 23:22:07 | 固定リンク

カテゴリ:テツネタ | トラックバック:0 | コメント:0

あゝムサシ

 2012/06/03

東京スカイツリーが開業したが、東武にとっては一大プロジェクト。グループも沿線も、これにあやかれと色々企画しているようだ。

スカイツリーの高さは634m。語呂合わせで「ムサシ」となるが、先頭車両の車号が「11634」、つまり「イイムサシ」には開業を記念してヘッドマークを付けて6月21日まで運行することになっている。


※自分で撮ってこようと思ったけど面倒だからよそ様の動画で(汗)。

実はこれ、肝心のスカイツリー最寄り駅を通る本線系統の伊勢崎線(今は「スカイツリーライン」なんて愛称もあるが)ではなく、池袋発着の東上線で走っている。せっかくのイイムサシだがこの編成は元々東上線所属。わざわざこのために本線へ転属させるのも、てな事情もあるのかも知れないが、そんなにうまくいかないもんですな。まあ東武百貨店池袋店開業50周年も兼ねて、ということなので、東上線で走るのも筋は通っているっちゃあ通っているのだけど。

じゃあ、本線で「ムサシ」を見つければいいじゃないか、ということで、本線系統を現在走っている系統で下3桁が「634」になるような編成を探してみた。

1800系
かつての「急行りょうもう号」用。現在でもかろうじて残っているが、見ての通り全部18xxなので「634」が入り込む余地は無い。

6050系
日光・鬼怒川方面向け快速用などに用いられているこの系列は、見ての通り下2桁が50から始まっており、下3桁がx34になるものが無い。同様の理由で上3桁で634xというのも無し。そもそも2両編成の6150形と6250形しかなく、63xx型が無い。6で始まるだけに期待していたが(?)残念。

8000系
8000系8634号は、8534とペアを組んだ2両編成。ところがこれも実は東上線所属で、しかも2008年12月に廃車になっている。あーあ。

20000系(20050・20070含む)
日比谷線直通用のこの系列は、百の位で何両編成を示すようになっているのだが、全部8両編成のため必ず「8」になり、そもそも2x634というものが存在しない。

30000系
半蔵門線直通用だが今は多くが地上用に転用され、一部は東上線にも転属している。百の位の意味は20000系と同じで、こちらは6両編成があるので、3x6xxは存在するのだが、残念ながら15編成(3x601~3x615)までしかなく、したがって3x634はやはり存在しない。50050系が後を継いでいることから、今後の増備の可能性も低い。

50050系
30000系に代って半蔵門線直通用の主力となっているが、これは全部10両編成で百の位は「0」しかない。と、いうことで、こちらも5x634はナシ。

その他特急用などで3桁形式のものがあるが、600系は無いので全滅。

なるほど本線では「ムサシ」号を仕立てられないということのようで。

ちなみに、伊勢崎線に乗り入れてくる他社線の車両まで広げると、東急8500系にやっと8634号というのがあるのだが、「とうきょうスカイツリー駅」は通らない(もう一つの最寄である押上は通る)。ま、さすがによその電車にヘッドマーク付けて盛り上がる、というわけにもいかないでしょうけどね。

No.796 | 2012/06/03(日) 17:40:46 | 固定リンク

カテゴリ:テツネタ | トラックバック:0 | コメント:0

レアレア

 2012/03/11

土曜日は新宿に出かけていまして。

行きに乗った東上線の池袋行き電車は、9000系で唯一の幕車である試作車9101Fだったが、帰りもなんと同じ9101Fだった。

しかも

1日1本しかない上福岡行きに。この幕を次に見れるのはいつになるやら。いや、もう見れないかも?

No.780 | 2012/03/11(日) 03:23:40 | 固定リンク

カテゴリ:テツネタ | トラックバック:0 | コメント:0

増殖?

 2011/12/16

東武本線系統の花形半蔵門線直通運用を外れて「左遷」(爆)され、今日も東上線を往復する孤高の30000系第1編成(31401F+31601F)。1編成しか無いにしては最近見かけるなあ、などと思っていたら、帰りの電車も。

しかし車番をよく見ると
20111216-1.jpg
また左遷されてきたようです・・・。しかもなぜか第11編成。
50000系の新造の代わりに向こうで微妙な立場の30000系を持ってきちゃえ、みたいなところなのだろうか。今後も増えるのかな。

ま、古い電車ではないので、別に増えても結構なのだが、
20111216-2.jpg
どう見ても、東上線ではこの幅広LED種別・行き先表示はオーバースペックだよな。「快速急行森林公園」行きとかあればいいんだろうけど。せっかくだから余ったスペースに、明日の天気とか出してくれればいいのに(笑)。

No.763 | 2011/12/16(金) 01:24:53 | 固定リンク

カテゴリ:テツネタ | トラックバック:0 | コメント:4

ホーム | 次ページ>>

今日の死語(・ェ・)

死語ブログパーツ

記事検索

検索エンジンから来て、お目当ての記事ではなかったら、もう一度ここにキーワードを入れて検索してみてください。お手数おかけします(^^ヾ

カレンダー

<< 2017/11 >>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

カテゴリ

最近のコメント

最近のトラックバック

頂いたトラックバックは内容を確認させていただいてからの掲載となりますので、ちょっとお時間を頂戴しております。

月別アーカイブ

2014/07 (2)
2014/06 (1)
2014/05 (1)
2014/04 (3)
2014/03 (2)
2014/02 (2)
2014/01 (3)
2013/12 (3)
2013/11 (2)
2013/10 (1)
2013/09 (2)
2013/08 (3)
2013/07 (4)
2013/06 (5)
2013/05 (4)
2013/04 (3)
2013/03 (4)
2013/02 (5)
2013/01 (6)
2012/12 (4)
2012/11 (4)
2012/10 (6)
2012/09 (5)
2012/08 (6)
2012/07 (6)
2012/06 (5)
2012/05 (6)
2012/04 (7)
2012/03 (6)
2012/02 (4)
2012/01 (6)
2011/12 (6)
2011/11 (6)
2011/10 (7)
2011/09 (7)
2011/08 (5)
2011/07 (7)
2011/06 (6)
2011/05 (5)
2011/04 (8)
2011/03 (7)
2011/02 (6)
2011/01 (6)
2010/12 (8)
2010/11 (6)
2010/10 (6)
2010/09 (7)
2010/08 (7)
2010/07 (9)
2010/06 (10)
2010/05 (7)
2010/04 (10)
2010/03 (9)
2010/02 (6)
2010/01 (9)
2009/12 (7)
2009/11 (10)
2009/10 (9)
2009/09 (12)
2009/08 (11)
2009/07 (9)
2009/06 (5)
2009/05 (8)
2009/04 (7)
2009/03 (8)
2009/02 (8)
2009/01 (7)
2008/12 (8)
2008/11 (8)
2008/10 (14)
2008/09 (10)
2008/08 (9)
2008/07 (11)
2008/06 (12)
2008/05 (13)
2008/04 (13)
2008/03 (14)
2008/02 (10)
2008/01 (15)
2007/12 (9)
2007/11 (11)
2007/10 (12)
2007/09 (12)
2007/08 (16)
2007/07 (15)
2007/06 (12)
2007/05 (18)
2007/04 (10)
2007/03 (15)
2007/02 (17)
2007/01 (16)
2006/12 (11)
2006/11 (9)
2006/10 (9)
2006/09 (7)
2006/08 (8)
2006/07 (8)
2006/06 (13)
2006/05 (11)
2006/04 (13)
2006/03 (13)
2006/02 (11)
2006/01 (12)
2005/12 (20)
2005/11 (1)

お天気チェーック

ゲームふっかーつ

どちらからおいでで?


ジオターゲティング

提携先バナー

記事中のアフィリエイト・リンクにはこんな色がついています。詳細...

HMV
HMVジャパン CD/DVD/Game/グッズ/書籍等

LinkShare
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

Powered by FC2

無料サービスの利用は、まずはスポンサーのヨイショから(爆)

アフィリエイト・SEO対策

ブログ

フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。