rucDiary

Index > rucDiary My Yahoo!に追加 RSS


スポンサーサイト

 --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No. | --/--/--(--) --:--:-- | 固定リンク

カテゴリ:スポンサー広告

飲酒運転をなくすためには

 2006/09/14

今朝もニュースで、後を絶たない飲酒運転での痛ましい事件を報じていた。先月の福岡の件を発端に、警察も取締りを強化している中、クローズアップされている事もあり、連日のように目に入ってくる。

近年、酒気帯びとするアルコール検出量の引き下げや、同乗者への罰則など厳罰化されているが、酒気帯びで人身事故を起こし、処罰を恐れるためにひき逃げが増加しているそうで、このあたりを考えると、処罰の強化だけでは限界ではないかと感じる。

もっとも、これだけメディアから「教訓」が流されているにも関わらず、相変わらず「飲んだら乗るな」を守れないのは、それだけ自動車が人々の足となり、それ無しでは考えられない環境が多いということもあるだろう。

都市部、例えば東京なら23区内に住んでいると、だいたいは電車で事が足りるが、地方の場合はそうはいかない。一人一台所有もごく普通で、クルマが無ければ買い物も行けない。そういった地域から、クルマを取り除くというのは無理なのが現実だ。

違反者への戒めも当然必要だが、まずは「乗らなくても良い」環境を整え、予防の概念を取り入れないと、惨劇はいつまでたっても繰り返されてしまう。これは警察に頼っていれば良いものではなく、もっと全体的に対策を検討しなければならない問題だ(日本のタテワリお役所の不得手なところではあるが)。

まずは、検問の強化から。警察は検問だけやっているわけにはいかないから、リソースには限界がある。先に駐車違反の民間委託が実施されたが、酒気検査の検問だけでも、同じように委託することができないだろうか。相手がいわゆるヨッパライだから、簡単ではないだろうが、繁華街を中心に高密度に投入して、抜け道が無いということを周知させるだけでも効果はあると思う。

次に店舗側。地方に赴いた時に驚いたのが、駐車場付きの居酒屋があるということ。先程も書いたように、クルマ抜きが考えられない以上「暗黙の了解」みたいなものがあるのか、とその時は思ったが、いわば火元なわけで、ここをしっかりと規制しなければいけない。
(1) 1台以上の駐車場を所有または契約して提供し、アルコールを提供している飲食店には、代行業者との契約を義務付ける。
(2) 店の入口に検出器を設置して客が自由に検査できるようにする。自覚ではなく客観的に認知させるというのは意外に効果があると思う。
(3) アルコールを摂取して、店の駐車場から出たという事実が判明した時点で、その店舗名を公表し、数日~数週間の営業停止処分を科す。
クルマで来た客に飲ませないという強い意識を持たせるための措置だが、地元客を相手にしている小さな個人店舗にはかなりの逆風。最初は総売上一定額以上を対象にして、大手チェーン店から導入することも必要かも知れない。

今度はその飲食店と提携する業者側。代行業への参入を促進する。現行は酔客とクルマを一緒に運ぶため、タクシーに比べてコストが高い。もし明日の朝までに自宅に届けば良いのなら、人をまず運んで、クルマは夜中に巡回して届けるといった形で効率化できるのではないか。それぞれを分離して、例えば人・クルマを運ぶ側それぞれに見合った規制緩和を検討して参入を容易にするのも良い。

クルマを提供する側にも責任がある。自動車メーカーは、アルコールを検知したら、始動できない仕組みの研究などを真剣に考えるべきだ。また新車にはこれを義務つけるような法規の整備も望まれる。
と書いたら、そういう動きがあるようだ。
吐息から酒気感知、飲酒運転できない車研究 日産など(asahi.com)
まだ道のりが長そうだが、官民の「官」サイドも、上記の法規整備や補助金などでこれを前進させていただきたい。

最後に自治体の対応。ここはやはり民間ではどうしても採算が合わないところをバックアップする役目になる。深夜バスの繁華街~近郊数系統の試験運行を行い、必要に応じて系統を増減する。おそらく赤字事業になる=税金の投入になるだろうから、住民のどのくらいの割合が飲酒運転撲滅に理解を示すか、によるところが大きい。ただし、ある程度の規模の繁華街を持つ自治体には、これは義務付けるべきだ。

長々と書いたが、国民の意識の高い今だからこそ、社会問題としてとらえ、政治レベルで検討をする時ではないかと思う。奇しくも自民党総裁つまり総理大臣が代わろうとしているが、ぜひ新しい代表には、関係各署を動かして、包括的にこの問題に取り組んでいただきたい。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:社会問題 | ジャンル:ニュース

No.113 | 2006/09/14(木) 01:24:51 | 固定リンク

カテゴリ:ニュース | トラックバック:1 | コメント:0

コメント

トラックバック

飲酒運転

福岡市東区の3児死亡事故で飲酒運転が社会問題化。同乗者や酒を勧めたり同席した人についても厳罰化が進んでいる。飲酒運転ニュースを見るたび思うのは、逮捕された人が「ほんの一杯」程度じゃなく泥酔に近いくらい飲んでいること。

続きを読む

2006/09/24(日) 12:48:41 | 流行通信★ハヤリものはコレだ!情報市場

トラックバックURLはこちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

<<アビーロードB面連続再生問題? | ホーム | 目と耳を失った現代人>>

今日の死語(・ェ・)

死語ブログパーツ

記事検索

検索エンジンから来て、お目当ての記事ではなかったら、もう一度ここにキーワードを入れて検索してみてください。お手数おかけします(^^ヾ

カレンダー

<< 2017/11 >>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

カテゴリ

最近のコメント

最近のトラックバック

頂いたトラックバックは内容を確認させていただいてからの掲載となりますので、ちょっとお時間を頂戴しております。

月別アーカイブ

2014/07 (2)
2014/06 (1)
2014/05 (1)
2014/04 (3)
2014/03 (2)
2014/02 (2)
2014/01 (3)
2013/12 (3)
2013/11 (2)
2013/10 (1)
2013/09 (2)
2013/08 (3)
2013/07 (4)
2013/06 (5)
2013/05 (4)
2013/04 (3)
2013/03 (4)
2013/02 (5)
2013/01 (6)
2012/12 (4)
2012/11 (4)
2012/10 (6)
2012/09 (5)
2012/08 (6)
2012/07 (6)
2012/06 (5)
2012/05 (6)
2012/04 (7)
2012/03 (6)
2012/02 (4)
2012/01 (6)
2011/12 (6)
2011/11 (6)
2011/10 (7)
2011/09 (7)
2011/08 (5)
2011/07 (7)
2011/06 (6)
2011/05 (5)
2011/04 (8)
2011/03 (7)
2011/02 (6)
2011/01 (6)
2010/12 (8)
2010/11 (6)
2010/10 (6)
2010/09 (7)
2010/08 (7)
2010/07 (9)
2010/06 (10)
2010/05 (7)
2010/04 (10)
2010/03 (9)
2010/02 (6)
2010/01 (9)
2009/12 (7)
2009/11 (10)
2009/10 (9)
2009/09 (12)
2009/08 (11)
2009/07 (9)
2009/06 (5)
2009/05 (8)
2009/04 (7)
2009/03 (8)
2009/02 (8)
2009/01 (7)
2008/12 (8)
2008/11 (8)
2008/10 (14)
2008/09 (10)
2008/08 (9)
2008/07 (11)
2008/06 (12)
2008/05 (13)
2008/04 (13)
2008/03 (14)
2008/02 (10)
2008/01 (15)
2007/12 (9)
2007/11 (11)
2007/10 (12)
2007/09 (12)
2007/08 (16)
2007/07 (15)
2007/06 (12)
2007/05 (18)
2007/04 (10)
2007/03 (15)
2007/02 (17)
2007/01 (16)
2006/12 (11)
2006/11 (9)
2006/10 (9)
2006/09 (7)
2006/08 (8)
2006/07 (8)
2006/06 (13)
2006/05 (11)
2006/04 (13)
2006/03 (13)
2006/02 (11)
2006/01 (12)
2005/12 (20)
2005/11 (1)

お天気チェーック

ゲームふっかーつ

どちらからおいでで?


ジオターゲティング

提携先バナー

記事中のアフィリエイト・リンクにはこんな色がついています。詳細...

HMV
HMVジャパン CD/DVD/Game/グッズ/書籍等

LinkShare
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

Powered by FC2

無料サービスの利用は、まずはスポンサーのヨイショから(爆)

アフィリエイト・SEO対策

ブログ

フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。